岡山県立大学 保健福祉学部・大学院[保健福祉学研究科]

栄養学科 Department of Nutritional Science

学科 ニュース・お知らせ

一覧

食と健康の相互関係を科学し、
健康づくりに貢献する専門家へ。

「医食同源」と言われるように、人の健康と食は密接に関連しています。現代社会には、超高齢化社会の到来や疾病構造の変化に伴い、食と健康にかかわる多くの課題が存在しています。

本学科は、栄養学をもとに人々の健康維持・増進、疾病の予防・治療を図り、広 く地域社会に貢献できる人材の育成を目指しています。食と健康の相互関係を科学する「生命科学としての栄養学」に主眼を置き、「食物を摂取する人」を中心に据えたカリキュラムを編成し、食品学・栄養学・生命科学の3つを柱に関連科目を系統的に履修します。

1年次では共通教育のほか、専門科目として食品学・栄養学の基礎を学習し、2・3年次には幅広い専門知識を修得するとともに、実験・実習を通じて実践能力とリーダーシップ能力を養います。4年次では卒業研究の課題への取り組みを通じて、科学的な探究心と論理的思考力、計画的な実行力を育み、問題解決能力と実践能力を身に付けます。

卒業時には栄養士免許、管理栄養士国家試験受験資格、食品衛生管理者・食品衛生監視員の任用資格、栄養教諭一種免許状(※)の取得が可能で、幅広いフィールドで活躍できます。

(※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。)

岡山県立大学 栄養学科イメージ

学科長あいさつ

食と栄養のスペシャリストとして
「社会に役立つ・人々を幸せにする」を仕事にしませんか?

管理栄養士は、食を通じて人々の生活をより健康に、そして幸せにすることができる専門職です。子どもからお年寄りまで幅広い世代の人々に貢献することができる魅力的な仕事で、その活躍の場は、病院、行政、施設、学校、企業など、多岐に渡ります。そして、さまざまな現場で管理栄養士が活躍することは、健康寿命の延伸や社会保障費の削減、食環境の改善といった、現代社会が抱える諸問題の解決に繋がります。

栄養学科では、多様化する社会ニーズに対応できる食と栄養のスペシャリストを目指して、食品学・栄養学・生命科学の3分野を系統的に学び、管理栄養士に必要な専門的な知識を広く身につけます。また、充実した実験・実習を通じて、即戦力として活躍できる応用力と実践力、管理栄養士として働くうえで重要な協調性や豊かなコミュニケーション能力、そして自ら課題を発見し解決する能力を養います。本学では一学年40名の学生を19名の教員で支える少人数制を活かして、学生一人ひとりのニーズに合わせた丁寧な指導を心掛けています。

私たちと一緒に、「社会に役立つ・人々を幸せにする」という夢をかなえましょう。

栄養学科長田中 晃一

アドミッション・ポリシー

  • 現代社会における便利な生活と豊富な食糧の供給は、生活習慣病の増加や食の安全性への不安といった、人の健康に関する様々な問題を引き起こしています。これに伴って、人の健康を支えるべき栄養学の教育研究の方向性もより広範囲で、かつ高度に専門化されてきています。
  • 本学科では、ライフサイエンスを統一的に学修し、日々進歩する栄養学を人の健康の維持・増進、病気の予防・治癒に活かすことのできる人材を育成するために、遺伝子レベルから人間栄養学的なものまで幅広く教育研究を行っています。このような専門教育を受けるために、高校では化学や生物などの自然科学の基礎をしっかり学習していることを望みます。
  • それと同時に専門職としての管理栄養士には、豊かなコミュニケーション能力と倫理観あふれた人間性が要求されますので、高校生活の中でこれらの素養を磨くことが必要です。
  • したがって,求める学生像は次の通りです。
  • 自然科学に関心を持ち、食物と人の健康との関係について科学的に理解・探求しようとする学生
  • 栄養学分野の研究に取り組み、これを発展させて社会に還元しようとする意欲のある学生
  • 様々な人とコミュニケーションができ、真摯な態度と思いやりの気持ちを持って人と向き合える学生
ページTOP